シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、露真珠化粧品シリーズ。8点入りトライアルセット
話題の肌再生化粧品「露真珠コスメ」シリーズ トライアルセット販売中!送料無料。100セット限定。お早めに。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket
肌再生を妨げる原因

紫外線

肌再生を妨げる紫外線とは?

紫外線は肌を乾燥させたり、ターンオーバーを乱し、肌再生を妨げる原因になります。
紫外線対策を何もしない生活を続けているとシミやシワ、吹き出物、ニキビなど様々な肌トラブルを引き起こします。
では、そもそも紫外線とは一体何なのでしょうか?

紫外線とは目に見えない太陽の光のことで、波長によってUVA・UVB・UVCの3種類に分類されます。
UVCは地上に到達することはないため、肌に影響を及ぼすのはUVAとUVBの2つです。
紫外線は1年通して放射されており、最も多い時期が6月?8月にかけてです。
季節や時間帯、地域、場所などによって紫外線の量は異なります。

そして、UVAとUVBはそれぞれ肌に与える影響が異なります。
UVAは肌を黒くする紫外線で、肌の老化を促進させ、シワやタルミを引き起こします。
UVBは炎症を引き起こす紫外線で、メラニン色素を生み出し、シミやソバカスを発生させる原因になります。

紫外線の影響は個人差があるので、同じ時間外にいても日焼けの仕方が異なります。
すぐに炎症を起こして赤くなってしまう方もいれば、すぐに黒くなってしまう方もいます。
この違いはメラニンの量で、メラニン量が多い方ほど紫外線に強く、少ない方ほど紫外線に弱いと考えてください。


正しい紫外線対策

紫外線対策といえば、日焼け止めクリームですが、それだけでは不十分です。
しっかりと紫外線から肌を守るためにも帽子や日傘、サングラスなどを活用してください。
さらに長そでを着る、紫外線が強い日は外出を控えるというのも効果的な紫外線対策です。

日焼け止めクリームを選ぶ場合、使用するシチュエーションを考えて購入しましょう。
日常生活と海辺や雪山では紫外線の量・強さが異なります。
普段使用しているものを海で遊ぶ時に使っても、紫外線をきちんと防ぐことができません。
海で遊ぶならそれ相応のものを使うようにしてください。

そして、日焼け止めクリームの正しい使用方法も理解しておきましょう。
使い方が間違っていると本来の効果を引き出せないので、使用方法・注意書きを読むようにしてください。
もったいないからという理由で少量しか使わないと紫外線を通してしまいますし、ムラができてしまうと、ところどころ日焼けしてしまう恐れがあります。
使用する場合は適量をムラなくつけるというのがポイントです。

また、一度つけたらその日はもう安心という訳ではありません。
2時間や3時間おきで日焼け止めクリームが落ちてしまうことがあるので、状況を見て塗り直すようにしてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、露真珠化粧品シリーズ。8点入りトライアルセット
話題の肌再生化粧品「露真珠コスメ」シリーズ トライアルセット販売中!送料無料。100セット限定。お早めに。